手続き期間について

| 未分類 |

ゴルフ03現在、運転免許更新の手続き期間は、更新を行う年の誕生日の1ヶ月前から誕生日の1ヶ月後までの2ヶ月間と定められています。ただし、手続き可能な期間の最終日が免許更新業務の休業日にあたる場合は、次に業務が行われる日までが更新手続き可能な期間となります。免許更新業務の休業日になっている日は、土曜日、日曜日、祝祭日とその振替休日、年末年始にあたる期間(12月29日から翌年1月3日まで)です。日曜日については、場所によっては特定の週に更新の受け付けをしている場合があります。スケジュールの関係で日曜日に更新手続きをする必要が出てきた場合は、事前に業務を行っているかどうかを確認しておくとよいでしょう。
手続き可能な期間が誕生日の前後1ヶ月間になったのは、2002(平成14)年6月1日に道路交通法が改正されてからです。それ以前は、更新手続き可能な期間は誕生日の前1ヶ月間で、誕生日を過ぎたら免許が失効する仕組みとなっていました。現在の更新手続きの期間は、道路交通法の改正日にあたる2002(平成14)年6月1日以降が更新手続きの期間の初日となる者に対して適用されています。この日以降に免許の更新を行った場合は、免許証に「誕生日まで有効」と記載されていたとしても、記載事項の変更手続きを行うことなく、更新手続きの期間の最終日が1ヶ月間延長されました。