ゲートボール引越しをすることで住まいでもある住所が変わります。 変更する事で様々な手続きを行っていく必要がありますが、車の運転をしている人は免許を持っていますので、これについても書き換えの手続きを要します。 この書き換えと言うのは、運転免許証記載事項変更届と呼ばれるもので、引越しによって住まいの場所が変更になった時だけではなく、本籍が変更になったり、結婚をして氏名が変更になった場合には必ず行う必要が有ります。

但し、住まいの場所が変更になっても、手続きを行わなくても免許としての価値はそのまま残りますので、変更手続きを行わなくても車を運転する事は出来るのです。 しかしながら、免許というのは定期的に更新を行う必要が有ります。 この更新は葉書などでのお知らせを受け取る事で更新を行う事を思い出し、警察署に出向くわけです。

変更手続きを行わずにいれば、前に住んでいた場所に葉書が届けられることになりますので、自ら住む場所には届けられません。 よって、葉書が来ることなく、更新日を逃してしまう可能性もありますので、住まいが変わった場合は、必ず変更手続きを行う事が大切だと言えますし、免許は本人確認用書類として利用する事も出来るため、書き換えでもある変更手続きは必須なのです。